近年、様々なスポーツ競技において、スポーツ団体の組織運営上の問題や指導者による暴力、パワーハラスメント、資金流用、その他の違法行為等に起因した不祥事が発生したことから、スポーツの価値を毀損しかねない不祥事の発生を防ぎ、また、スポーツの価値を一層高めていくため、スポーツの普及・振興の重要な担い手となっているスポーツ団体には、適正なガバナンスを確保することが求められています。

このような状況から、スポーツ庁は、平成30年12月に策定した「スポーツ・インテグリティの確保に向けたアクションプラン」において、スポーツ団体が適切な組織運営を行うための原則・規範としてスポーツ団体ガバナンスコードを策定することとし、スポーツ審議会における審議を経た上で,中央競技団体(NF)向け及び一般スポーツ団体向けのガバナンスコードを策定しました。

昨年12月、香川県スポーツ協会では、中央競技団体(NF)向けガバナンスコードへの対応状況をホームページ上で自己説明・公表させていただきました。
(本ページ下部に掲載)

県内の各スポーツ団体の皆様には、令和3年度以降、一般スポーツ団体向けのガバナンスコードへの遵守状況について、スポーツ庁ホームページに掲載のチェックシートを活用し、自己説明・公表をしていただくようお願いいたします。

スポーツ庁ホームページ 

公益財団法人香川県スポーツ協会 スポーツ団体ガバナンスコードの遵守状況について(2020.12.24公開版)