(令和4年3月31日策定)

1 策定の趣旨

 公益財団法人香川県スポーツ協会は、今年、昭和46年の財団法人設立から50周年を迎えますが、これまで本県のスポーツ統括団体として、その社会的役割の重要性を認識し、県民のスポーツの振興に取り組んでまいりました 。そのような中で、昨年は東京オリンピック・パラリンピックが開催され、来年度、再来年度には、全国高等学校総合体育大会、全国中学校体育大会が相次いで開催されるとともに、令和6年度には新県立体育館が竣工予定であり、本県のスポーツ環境は一層飛躍するものと考えられます。
 また、スポーツ庁で定められた「スポーツ団体ガバナンスコード<中央競技団体向け>」(令和元年6月10日)では、スポーツのインティグリティを高め、ガバナンスを向上させるために、各団体には中長期的な計画に則った組織・運営が求められております。
 そうした状況から、本協会は、組織として目指すミッションやビジョンを明らかにし、有効な活動が推進できるよう、県が策定する第4期「香川県教育基本計画」(令和3年度~令和7年度)と関連を持ちながら、新たに「香川県スポーツ協会 中期基本計画」(令和4年度~令和8年度)を策定することといたしました。

 

2 香川県スポーツ協会の理念・ミッション・ビジョン

 現在、本協会は、56の競技団体と1つの学校体育団体、17の市町体育・スポーツ協会が加盟し、関係機関・企業等との連携・協力により、競技スポーツ、生涯スポーツの両面から有効かつ適切な事業執行に取り組んでいます。
今後も、関係団体や関係機関との協働・連携に努め、県との緊密な協力態勢のもと、各種スポーツ振興事業を積極的に推進します。この基本的な姿勢を崩すことなく、本県のスポーツ振興に取り組むことが大切であると考えています。

 

3 第4期「香川県教育基本計画」(令和3年度~令和7年度)

 令和3年10月に策定された第4期「香川県教育基本計画」(令和3年度~令和7年度)における「スポーツ」の分野は、『県政運営の基本指針である「みんなでつくるせとうち田園都市・香川」実現計画のスポーツに関する分野別計画として位置づけられるとともに、スポーツ基本法第10条第1項の規定に基づき定めるスポーツの推進に関する計画』とされています。以下は、その内容です。(項目のみ抜粋)

基本項目 7 スポーツの振興
基本的方向 ① 多様なスポーツ環境づくり

  取組みの内容 1 生涯にわたりスポーツに親しむことができる環境づくり
    主な施策 (1)総合型地域スポーツクラブの育成支援
         (2)スポーツに親しむ機会の提供
         (3)地域でスポーツを支える人材の養成、活用
         (4)トップレベルの競技をみる機会の充実
         (5)新県立体育館の整備等県立スポーツ施設の充実
         (6)障害者スポーツの振興
基本的方向 ② スポーツ競技力の向上

  取組みの内容 1 トップアスリートをめざし、競技力を高めることができる環境づくり
    主な施策 (1)ジュニア期からのタレント発掘、育成
         (2)トップアスリート育成のための支援
         (3)指導者の養成および資質の向上
         (4)スポーツ医・科学に基づいた競技力向上のための支援

 

4 「香川県スポーツ協会 中長期基本計画」(令和4年度~令和8年度)

 第4期「香川県教育基本計画」(令和3年度~令和7年度)の2つの基本的方向に沿って、「生涯スポーツの振興」と「競技スポーツの推進」を目標に、取り組む事業の方向性を明示し、具体的な事業を推進します。

(1)生涯スポーツの振興

①スポーツ環境の整備
 本県の週1回以上の運動・スポーツ実施率は57.14%(笹川スポーツ財団「データで見る日本のスポーツ」2010~2016年)で、全国平均の57,62%を下回っており、年齢や性別、障害の有無を問わず、すべての県民のスポーツに対する関心および理解を深め、親しむことができるようにする。
【実施事業】生涯スポーツ振興事業、総合型地域スポーツクラブ育成事業、競技大会等開催事業

②子どものスポーツ活動の推進
 運動やスポーツを長く継続するきっかけとなる「スポーツとの出会い」を創出するとともに、子どもの運動・スポーツ離れや体力低下、運動をする子・しない子の二極化へ対応する。
【実施事業】生涯スポーツ振興事業、スポーツ少年団育成事業

③総合型地域スポーツクラブの育成・支援
 地域で活動する総合型地域スポーツクラブの育成や運営を支援し、県総合型地域スポーツクラブ連絡会議の事務局を担当し、全国組織との連絡・調整や情報提供等を進める。
【実施事業】総合型地域スポーツクラブ育成事業、香川県総合型地域スポーツクラブ連絡会議事務局

④スポーツ指導者の育成
 スポーツ指導者制度に沿って、日本スポーツ協会公認スポーツ指導者の養成研修や義務研修を開催するとともに、スポーツに関わる情報を提供する。
【実施事業】スポーツ指導者養成事業

(2)競技スポーツの推進

①選手・指導者の育成・強化
 本県の競技力の指標ともいえる国民体育大会(国民スポーツ大会)等での成績の維持・向上のために、行政と協力して本県及び本県出身のトップアスリートの育成や、優秀指導者を養成する。
【実施事業】国体等派遣事業、競技スポーツ振興事業、スポーツ指導者養成事業、スポーツ医科学振興事業

②スポーツ環境の整備
 各競技団体が開催する各種大会や研修会、強化練習・合宿や遠征等を支援し、競技力の向上を図るとともに、競技人口の増加を目指す。
【実施事業】競技大会等開催事業、競技スポーツ振興事業

③クリーンなスポーツの推進
 スポーツに関わる全ての関係者が、スポーツのインティグリティを高め、不正やドーピング等のないクリーンなスポーツ活動を推進できるよう、指導者を始めとした個人や競技団体等の意識の高揚や取組みの支援を行う。
【実施事業】競技スポーツ振興事業、スポーツ指導者養成事業、スポーツ医科学振興事業